dietと書かれた板

ゼニカルのすすめ!併せて行いたい太りにくくする食べ方とは

サラダ

ゼニカルは肥満改善に有効とされる経口内服薬でスイスで製造されています。
厳しい食事制限や激しい運動なくしてストレスを感じることなく体重を落とすことが出来るのが魅力ですが、日本ではまだ正式な認可は受けていないので個人輸入を利用しての購入となり、1錠辺りの価格が30円程度となります。
ゼニカルの主成分であるオーリスタットが胃腸に存在する脂肪分解酵素リパーゼの働きを長時間抑制することで食事で摂取した脂分や脂肪が張で吸収されるのをおよそ30パーセントもカットするのです。
そのため通常通り食事しても体内に余分な脂肪がつかずダイエット効果がもたらせるのです。

ゼニカルは朝昼晩の食事と一緒に服用するのですが、そのときに食事の食べる順番を見直すとさらにダイエット効果が上がりおすすめです。

食事で摂取している糖分が体内で糖へと変化し身体のたんぱく質と結合することを糖化といいます。
糖分を取りすぎると太ってしまうだけでなく身体にとっても悪いことです。
糖化を予防する抗糖化をしっかりと行うことで身体が健康的な状態に維持でき老化をふせぐことにもなるのです。
抗糖化のための食べる順番ですが、野菜から主菜、そして最後に炭水化物を摂取します。
すきっ腹には炭水化物をがっつり食べたくなるものですが、それはもっとも糖化を引き起こしやすい食べ方なのでおすすめできません。

ゼニカルは油分の吸収を抑える薬なので炭水化物には効きません。
食べる順番を考えて炭水化物を減らすことが老化予防やダイエットにつながるのです。

人間にとって食べることは生きることの楽しみです。
食事をしながらでも続けられるゼニカルはこれまでのつらい食事制限ダイエットで挫折を経験した人におすすめです。

おすすめ記事